読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぉ〜ゆ〜の宝を愛でるブログ

胸の中のアクセルを踏み込んで

この夏だけは君とともに〜風 are you?〜

2016年8月13日13時。

TDCホールに菊池風磨くんのソロコンを観に行ってきました☆

 

思えば去年の8月上旬(日付忘れたけど)。

風磨くんの初めてのソロコンの最初の公演に入ったときからこの沼は始まっていたのかもしれません。

そもそも去年の8月上旬はせっせと博品館に通っていてそれなりに忙しかったはずなのに、それでよくもまぁ風磨ソロに入る時間とお金を作ったなぁ…と。

だって去年のわたしは風磨くんのことが特別好きというわけじゃなかったから。

キラキラした王道アイドルSexyZoneのなかに、なぜか厨二病拗らせてスカしたやつがいる。

いまどき外ハネのワンレン?なぜそんな髪型してるの…?

少年倶楽部を見ていると河合くんと桐山照史くんと仲良くしてて、先輩に可愛がられるのが上手くて、慕ってる後輩も多いし絶対いいヤツなんだろうとは思いつつ、風磨くんのアイドルとしての在り方には少し疑問を持っていました。

特に、SexyZone5人の扱いが平等ではなくて、5人5様に苦しんでいたのが外野にもわかるような時期だったから、大人への反抗にしてももう少しやり方あるんじゃない?なんて批判的な目を向けてしまうところも正直ありました。

これが、風磨くんのことをほとんど知らなかった当時のわたしの率直なイメージでした。

 

でも風磨くんのソロコンに入って、風磨くんの仲間を思う熱さを感じて。

風 is a doll?メンにはお気に入りJr.がいたわけでもない、風磨くんのことも取り立ててお気に入りだったわけでもない。それでも去年1年間で入った現場の中で5本の指に入るくらいの楽しい現場になってました。自担がいるとどうしても贔屓したくなっちゃうけど、努めて客観視するならばPLAYZONE、SHOCK、カウコンに並ぶくらいのエンターテインメント性を誇る現場でした。

菊池風磨の持つアイドル性にわずか一回の公演で引きずり込まれた。

 

一度好きになるとずっと好き、あばたもエクボ、何もかもが好き!という盲目タイプなヲタクなので、もうそこからは風磨くんを絶賛溺愛する日々でした。

春のWelcome to SexyZoneコンではうっかりファンサをいただいてしまい、最近ずっと双眼鏡越しに一方的に見つめていたジャニーズとのうちわを介した双方向コミュニケーションに震えました。はっきり言って堕ちかけました(笑)

7月に連続ドラマ時をかける少女が始まると、リア充してるキラキラ高校生の翔平にどっぷりハマり。

(松崎くんが絶賛干され期間だったということもあり)口を開けば「風磨くん爆モテすぎる!!」と興奮し、そのままの勢いで突入した風磨コンでした。

 

去年が最高だっただけに、今年は入る前から期待と不安が入り乱れていて。

去年をきっと超えてくる!という期待感とこの時期ドラマやっていて、どれだけ作り込めたんだろう…期待しすぎてガッカリしたくない……去年のいい思い出を変に書き換えたくない…という不安。

いろいろ思いながらTDCに入ったんです、本当に。

 

 

 

暗転してコンサートが始まった瞬間、見事に全部消えました。

作り込まれた映像。翔くんがHip Pop Boogieのときに作ってたような雰囲気の映像。着替えたりとかしながらとりあえずなぜか英語でしゃべるやつ(笑)

正直記憶喪失っていう設定はチープすぎてほんと厨二病!って思ったけど(笑)、自分が何者なのか、鏡に映る自分に問いかける。自問自答、というテーマをあからさまに突きつけてくる。こういうわかりやすいやり方、コンサートだとすごくいいと思った。非常に効果的。

舞台だと観客も落ち着いて考えながら観られるからもう少し複雑に組んでもいいけど、コンサートの興奮の渦の中で飛んで叫んで錯乱状態の観客にテーマをぶつけるならこれくらいあからさまにやらなきゃ伝わらない。

 

自分の声にどの曲が合っているのか、どの演出を昔からのファンが好んで、誰の曲で新しくファンになった人が興奮するのか。自分が歌いたい歌、ファンが観たい演出、Jr.の見せ場、テーマの投げかけ。

観客も含めて全員で騒ぐところ、自分の歌を聴かせるところ、ステージ上の内輪でわちゃわちゃするところ。

菊池風磨の自意識、仲間との絆、ファンへの気持ち、先輩へのリスペクト。

バランス感覚が最高にいいコンサートが出来上がっていて、プロデュース能力の高さに脱帽。

連続ドラマをやっていて時間がない中でこれを作り上げたのかと思うと彼の可能性は無限大だな、と怖くなるくらいです。

 

双方向のコミュニケーションを望んでいるんだな、というのは要所要所で客席にマイクを向けることからもうかがえた。

盛り上がって「ここだ!歌えー!!」というお決まりのタイミングに限らず、唐突に彼が欲しくなったタイミングで「声出して!」とマイクを向けてくる。予定調和ではないコミュニケーションを取りたがっているような、これぞまさに対話なのかと感じさせるような、一方的に受け取るだけではないコンサートが出来上がっていた。

 Webで始まった風磨くんの連載、すっかり見落としていたので終わってから答え合わせとして読んだんだけど、「声だそうぜ」「暴れようぜ」「去年超えようぜ」って力強く引っ張ってくれるようなこと言ってた。実際ファンもそれに応えるべく声出しててタオル回してて(読まないで行ったからわたしはタオル持ってなかった…後悔!)すごくいい関係だなぁって思いました。

風磨くんが上手いのは「マナー?ルール?そんなの気にするな!」って言いつつ「俺のファンは最低限のことは守れるでしょ?」って牽制してからの「声出そうぜ!暴れようぜ!」なんだよね。それは本当にやり方が上手。

好きな人から「最低限のことは守れるよね?」って言われたら下手なことできない真理をすごく上手くついてるなぁ、と。手綱を握ってるのはあくまでも風磨くん。でも抑圧だけじゃなくファンがやりたいことを存分にやってくれるから不満も生まない。

スクールカーストのキャップストーンに君臨する菊池風磨と1軍スタメンの風 are you?メン。上位層のパーリーピーポーたちによる派手なお遊びに混ぜてもらってるような感覚。

 

赤西仁の掟破りな(実際彼はもうジャニーズじゃなくなってしまったけど)攻めたカリスマ性、櫻井翔のルールの範囲内で遊びを入れてくる頭の良さ。

憧れの先輩の要素を積極的に取り入れてそれらを全て含めて「これが菊池風磨なんだ!!」と曝け出す演出に震えた。

 

「SexyZoneになりたい」という答えを出しながらグループの曲はやらない。「なりたい」という答え。そのAnswerになってしまうから歌わないのか。グループの曲はグループのもの、1人ではグループの曲は歌わない。それが風磨くんの意地なのか…。勘ぐりたいのがヲタクの性質。どうしても色々思いを巡らせてしまうけど。

 

シンプルに最高だった、と。風磨くんのソロコンは最高によかった!と。大声で叫びたい。今年も見れなかった櫻井先輩には今年も嵐パワー使ってくださいとお願いしたい。

 

ドラマの映像、他の事務所の俳優さんの写真を使わせてもらえること。身内とはいえまだNEWSのコンサートでも歌っていない曲を先にファンの前で歌わせてもらえること。

随所に愛されてる、慕われている、風磨くんの求心力が見えたのも幸せの一因です。

 

最高に青春を感じるコンサートでした。

2016年夏の青春は風磨くんのところにありました。

 

細かいところはもしあとでやる気があったらまとめます。まずは雑感だけ。この興奮を残しておくために。