読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぉ〜ゆ〜の宝を愛でるブログ

胸の中のアクセルを踏み込んで

SHOCK2017制作発表!からふぉ〜ゆ〜の今後を考えた

この前、23階の笑いの記事書いたときに

 

SHOCKの制作発表もそろそろかな?SHOCKができるのも、それにふぉ~ゆ~が出演するのも決して当たり前じゃない!…とはいえほとんど予定が埋まってる帝国劇場なのに、2-3月の予定だけ不自然に空いているしジャニーズが舞台やるのはほぼ確実。アイランドに出る方々が続けてってことはないはずだからSHOCKでほぼ決まりだろう。とにかく、今年もまたふぉ~ゆ~の出演がありますように…!

ゴゴスマはVTR出演になったし、4人で出られるかな~と思ってたら辰巳の『それいゆ』が4月頭か…また1か月ずつかな~。SHOCKにお金かかるからまた今年も『それいゆ』行けないかな~。
今年、どっかの雑誌で「途中からカンパニーに加わった松崎くん、初日はモロのおふざけに反応する余裕なくすくらい緊張してた」って書いてあるの読んでから、途中から加わるのかわいそうだな~って思っていて。出来上がったカンパニーに入っていくの大変だろうし、前半の2人は千穐楽まで走り抜けた感動を共有できない寂しさがあるだろうし。

去年はスケジュール的な問題があったけど、今年はそういうわけでもないんだし(辰巳は相当厳しいけど…)できれば4人、2か月出続けてほしいな~。あと、わたしが2か月ずーっと帝国劇場に行けば自担に会えるっていう精神的な保険が欲しい…。(これ大切!)

 

って書いてたんだけど(本文まま)、UPしようと思ったら制作発表あったから慌てて消しました(笑)

でもこれを書いたわたしの気持ちを残しておきたくて結局こういう形でUPする(笑)

 

帝劇公演は2ヶ月福松で行くことが発表されて、しかもライバル側が大幅なメンバー変更。

今年は地方公演をやることも同時に発表されたので、言及されていないものの地方は辰越でいくんだろうと予想もつけられるという点で精神衛生上非常によろしい(笑)去年の帝劇SHOCKに名前がなくて地方公演も発表されなかったときは、もう二度とSHOCKのステージに立つ松崎くんは見れないんじゃないかと絶望して死んだから…

そういうときって、周りがどんなに「大丈夫、地方公演あるよ!博多と大阪は辰松だよ!」って言ってくれても「いや地方公演あるかどうかも発表されてないし…あったとしてそれが辰松かなんてわからないし……」ってネガティヴ入っちゃってて全然耳に入らないんですよね。でも今回はすでに去年の地方と帝劇でふぉ〜ゆ〜入れ替えという前例があるし、越岡担のみんなには元気を出してほしい。

今年の春、松崎くんにお仕事がなかった時期も周りの優しいみんなはこういう気持ちで「次は福松だよ、福松の外部舞台も決まるよ!」って言ってくれてたんだと思うんだ。それなのに当時のわたしは心を閉じていて、「いや、福松で外部舞台ってどこに入るのよ…誰が主演なのよ……」ってめんどくさく拗ねまくった。まぁ結局福松が個人での舞台出演はなかったけど(笑)拗ねて人の話が耳に入らなかった経験があるのでSHOCKの予定が入った松崎担のわたしが軽々しく「次があるから元気を出して!」なんて言えないけど。しかも9月のSHOCKって遠すぎだろ!ってわたしも思うけど。

ありがたいことに、ふぉ〜ゆ〜はJr.だけど千穐楽には「次は○○だね!またね!」って気持ちでバイバイさせてくれることが比較的多くて。何も発表されてないままただ漠然と来るであろう…いや、来てほしいと願いながら次のお仕事の発表を待つことへの耐性が低い分、すごく不安になる。

越岡くんの現場、何か決まってないのかなぁ…外部舞台とかあってもいいのに。

というか、もう一回4人でクリエやろうよ。去年卒業っぽい雰囲気出したのに出戻って恥ずかしいとか関係ないよ、全然恥ずかしくなんかない。少なくともわたしは恥ずかしくない。頑張るよ、当日券の人数少ないっていうなら友達誘って並ぶよ…だから復活しようよ、みんな歌って踊るふぉ〜ゆ〜が好きなんだから。

 

ふぉ〜ゆ〜は今後どうなっていくのかなぁ。

舞台でのお芝居を武器に生きていくのか、ダンスパフォーマンスという最大の武器はいつ出せるのか。

福ちゃんがぴたラジで30歳の抱負を述べていて。こういうこと考えてるんだろうな〜っていうのはだいたい見えていたけど、改めてきちんと言葉にしてくれたのはすごく嬉しい。

「30歳になってもデビューもできないJr.で……ってディスられてるのもわかってる。でも僕らがここで頑張ってる意味を考えてほしい」って言ってたけど。デビューを目指してるのかな?っていうのはここ数年ずっと気になっていること。「デビューしたい!」って言葉に出してくタイプじゃないのはわかるけど、ファンとしても「デビューさせてあげたい!そのために頑張る!」って明確な方向性がない分多少ふらついてしまう。

「コンサートをやりたいんだ」「舞台俳優として生きていくんだ」「ダンスを極めたいんだ」なんでもいい、なにか目標を言葉にしてほしい。ふぉ〜ゆ〜がひとつひとつの仕事に真摯に取り組んでいるのはすごく伝わるし、確実にステージアップしているのも感じているからこそ、目指す場所を示してほしいと思ってしまう。それが途方もない夢だと他人からどんなに笑われようと、彼らがそれを目標と掲げるなら、彼らが望むところへ送り届けてあげたいから。

 

ファンっていうのはfanatic、つまり狂信者なわけで、それをFUNと語感の似ている言葉でごまかし、「○○担」と呼ぶことで自らの狂気を覆い隠してはいるけれど、ときおり隠しきれない病的な信奉が顔を出してきて自分でも引くことがある。

それは、だいたい福ちゃんの真面目なお話で引き出されることが多くて。わたしは松崎くんのことが大好きで松崎くんのダンスに胸を打たれ天然なところを庇護して大切に大切に愛しているけど、衝動的に「ふぉ〜ゆ〜を応援したい!」という熱に駆られるのは福ちゃんきっかけなのかなぁ。

それでも福田担にならないの不思議でならない。わたしはこの人を応援したい!この人じゃなきゃダメ!って思うのってなにがきっかけかわからないし自分の気持ちですら見えないの、本当におもしろいな〜。

 

結論:これだからジャニーズはやめられない