読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぉ〜ゆ〜の宝を愛でるブログ

胸の中のアクセルを踏み込んで

縁〜むかしなじみ〜を観にきてください

ふぉ〜ゆ〜 舞台 縁〜むかしなじみ〜

初日公演を観たあと、とてもクオリティの高い作品に仕上がっていることに感動したと同時に、何回も観る作品ではないかも知れない、と漠然と感じた。悪い意味ではない。1回の観劇でその素晴らしさを感じられ、ここにジャニーズの舞台がリピーターに楽しんでもらうためと称してやりがちな馴れ合いの余計なアドリブのセリフを入れる余地のなさを感じたからだ。もちろん、舞台は毎回違うものになるし、そのライブ感が醍醐味だから何度観ても楽しめるとは思う。でもきっとこの作品は何度演じてもリピーターに媚びて変にセリフを変えたり余計な演出を加えたりするようなことはしない。そんな気がした。1人のリピーターが5回観ることより5人が1回ずつ観ることを想定して作り込まれた作品だった。本来舞台作品とはかくあるべきなのだと思う。リピーターは「あそこはどうだ、ここはどういうことだ!」と勝手に何回も通うのであって、作り手側がリピーターに配慮などしなくていいとわたしは考えている。

しかし、ただでさえ相場が崩壊してる中でリピーターが減るのはなかなか厳しい。そもそも相場ってなんなの。定価があるのに。ジャニーズ界隈には「相場理解してください」という謎の用語がある。定価の数倍、ときに10倍を超える法外な値段を吹っかけてきて「定価で譲れ?その値段で譲れ?相場理解してください」という一部のトンデモナイ人がいるのだ。そしてそういう人を揶揄して「相場理解してください」と使うオタクもいる。わたしはこっち。というかわたしは基本揶揄したがり(笑)ジャニーズ銀座なら1枚20万とかいう(アホみたいに法外な)高値ががつくという噂の同じ劇場、同じ事務所所属の同じJr.という立場のタレントが主演する舞台でありながら今回の「縁〜むかしなじみ〜」では定価の半分でのやり取りや友人にタダで譲った、という話もよく耳にする。気軽に入れていいね!という話ではない。そりゃ高騰するのはよくないしそもそも(急な仕事や体調不良で行けなくなったからという正当な理由でさえ)(信頼できる家族・友人にでさえ)(定価であっても)チケットを譲ること自体ジャニーズは認めておらず、「空席ができる?仕方ないんじゃない?転売はダメって言ったでしょ」っていうのが(エンターテインメントを提供する事務所としてあまりにも意識の低い見解だと思いますが)公式の見解のようなので、以下は完全に匿名の一人のオタクの私見になります。(全力で保身しますとも、実名でやる勇気ないよ、これからチケット一切当てないって言われたくない。)

自担の現場のチケットが定価で引き取ってもらえないということがオタクに与える損失とはなんなのか。まず第一に経済的な損失。当たり前だけどこれは痛い。第二に自担の現場の需要が低いという現実を突きつけられることへの精神的なショック。舞台班オタクというのは普段必死に仕事をして稼いだお金をチケットに替え、自担がステージ上で輝いている姿を観るという思い出を買って血肉にしている生き物である(めっちゃ私見)。少なくともわたしはそう。だから、この2つの損失はかなり痛いのです。


最初に、基本的なジャニーズのチケット申し込みの流れを書き留めておきます。チケットを買うときにはまず申し込みから。以前は当たるか外れるかもわからないうちからお金だけ振り込まされて、外れたら手数料抜いて返金、という手数料稼ぎの方法がまかり通っていたけれど、最近はインターネット上のフォーマットから申込、メールで当落発表、当選者のみ振込という合理的な方法に大筋で移行している。この改革はありがたかった。正直今までがおかしかったんだけど、それでも状況を改善してくれたことには感謝してる。もっと改善の余地はあると思うけどね。オタクの財源は無限じゃない。当たるかどうかもわからないもののために手数料を払って夢を買うような高級宝くじにホイホイ注ぎ込めるリッチオタクばかりではないのです。その点、自担に会えることが確実ならそこには全力で投資する。毎月の資金繰に「ここは削れるでしょ!」って多少の無理を強いてでも、なんなら「神様仏様事務所様、なにとぞ前列のチケットに…」と切なる思いをゆうちょ銀行の青い振込用紙に乗せて快く現金をリリースします。この時チケット代の他に謎の手数料が900円くらいかかる。ちなみにこれはちょっと高めです。雑食系舞台オタクのわたしは他の事務所のFCにも入っているけれど、600~700円くらいでやってくれるところが多いというのが体感。まぁ、自担に会えるなら300円程度の上乗せはいいんだけどね、というのが多くの(飼いならされた)オタクの正直なところではないでしょうか。
で、そんな思いを乗せて支払った大切な労働対価が平日の昼公演の最後列のチケットに化けたりする。もともと自分が行くつもりの日程で申し込んでいるので、ちゃんと休みが取れれば問題はない。でも申し込みはたいてい公演の1~2か月前。早いと3~4か月前に申し込ませたりする。その時点では閑散期の予定だったはずが急に繁忙を極める、休めない絶対無理!ってことは社会人やってればざらにある。社会人じゃなくたって学生さんだって主婦だって急に子供が熱出したとか、教授との約束が入ったとかそういうのあるはず。そういうときはやむなく「○日昼公演のチケット、×日夜公演に交換できませんか?」とお友達に聞いてまわることになる。だって自担に会うためにお金払ったし!どうしてもこの日は行けなくなっちゃったけど他の日なら行ける!逆の人もいるんじゃない?ってことでこういうお取引が生じる。この期間はもうどうやっても都合つかないから譲るよ!ってことも起こりうる。事務所によっては公式にこういうサービスしてるところもあるようだけど、ジャニーズはやっていないから自由市場における自己責任でなんとかするしかない。先日、事務所がいろんなアーティストの名前(他の芸能事務所所属のアーティストも賛同してた)で「アーティストの権利を害するチケットの高値転売に断固反対する」みたいな声明出していたけど(そういえば優馬くんの名前なかったな、Jr.に含まれたのかな…SMAPも名前抜かれてて今後チケット売るようなイベントやらないんだって意志を感じた)(http://www.tenbai-no.jp/)、正直オタクだってチケットの高値転売なんて望んじゃいない(転売屋さんの事情は知らない)。アーティストの権利もだけど、オタクの定価でチケットを手に入れる権利も侵害するのがチケットの高値転売だもの。どこかのオタクが電話して聞いたっていう話によると、事務所的には(チケットさえ売れればノルマ達成!だからなのか)そのあと空席になろうと知ったこっちゃないからありとあらゆる転売を認めない!って感じみたいだけどオタクとしては稽古を頑張ってきた自担の晴れの舞台に空席を作って悲しい思いをさせるのは嫌だというマインドが働く。でも事務所の転売断固拒否の方針に背いて今後チケット当たらないようにするよ!って言われちゃうのも困る。だからできる限り定価(+支払った分の手数料、あと送料とかつまりこちらが負担したコスト)で譲るか、別の日のチケットに交換をお願いしようとしている。(それが認められているわけじゃない。でも黙認はされるんじゃないかな…とオタクが勝手に期待しているだけ。)こちらが最後列なのに相手が前列のチケットとか持っていたりしたら、払ってる金額は同じだから市場的(あと事務所的)には等価交換かもしれないけど当人の感覚的にあまりにも対等じゃない。そこでだいたいの席を表示して可能な限りの等価交換を…と望むのはオタクの良心。(中には倍率が高くて取りにくいチケットだったから、すごくいい席だから、っていうプレミア感を理由に高値での取引を望むオタクもいるけれど…それはそのオタクとそれに手を出すオタクの自己責任。個人的にはたまたま運がよかったからって好きなアーティストのチケット使って金儲けするようなやつにはおろしたての真っ白な高いブラウスにカレーうどんの汁がどこからともなく飛んでくる呪いをかけてやりたいと思ってます。)
で、つい高値転売のほうを問題にしてしまいがちだけど今回はその話じゃないのです。安値転売のほう。高値転売はアーティストの権利を侵害する(うえに買ったオタクのお財布の中身を侵害する…これは手を出すオタクも悪い)けれど、安値転売はただオタクのお財布が痛むだけ。劇場ごとにチケットの定価ってだいたい決まってたりしますよね。帝国劇場とか博多座とか割と高めで13,000円とかする。歴史ある劇場ですから。これが劇場の格っていうやつです。(と言い聞かせて毎回高いと思いつつチケット買ってる。)じゃあ今回われらがふぉ~ゆ~が「縁~むかしなじみ~」をやってるシアタークリエってチケットの定価っていくらくらいなの?と思って調べました。他のお芝居、10,000円余裕で超えてました。11,000円っていう演目もありました。定価8,500円の「縁~むかしなじみ~」、正直破格といってもいいくらい安かった。(これには地方公演の会場の相場が関係してるのかな~と思ったりしつつ。名古屋市公会堂、他の演目めっちゃ安かったもん。公会堂だから市民イベントも多いし、2,000円とかのイベントがちらほら。8,500円圧倒的高値でした。)わたしが考えてる以上に事務所は考えてたってことを思いしらされました。考えた上で相場以下の値段つけられてた。しれっと傷つきました(笑)しかも、それでさえ定価割れしている現状。あんまり文章シリアスにしたくないから「(笑)」ってつけてるけど泣きたくなるくらい傷ついてます。
何に傷ついてるかって、損することじゃないんだ!わたしが頑張って働いて得たお金を注ぎこんで応援している大好きな人が必死に稽古して自信を持ってお届けしている舞台作品の需要!低すぎだろ!!ってことに憤り傷ついているわけで。じゃあ供給過多かって言われると、それは認めたくない。だって約600人収容のクリエで15日間21公演。のべ12,600人。一応わたしにもプライドあります。この収容人数は妥当だと思いたい、妥当な供給量だと。でも実際はどうしても入れないからチケット譲りたい、でも譲り先がないから家族にタダでチケット渡した、とかそういう話が出てきている。ふぉ~ゆ~ファンは積極的に自分で取った公演のチケットは消費してますけど、それでもこの状況ってやっぱり供給過多なのかなって自信をなくしかけます。わたしたちファンが自信をなくすのは勝手なのでまぁいいです(よくないけど)。でも、これを制作側の人が感じてしまったら…「あ、ふぉ~ゆ~の舞台作ってもあんまり人入らないな、チケット売れないかもしれない。リスク高いな」そう思われたら最後、3作目にしてこれがふぉ~ゆ~の遺作になりかねない。SMAPの解散問題が世の中で取りざたされていて、我が家にもSMAPのファンがおりますが、「これで最後かもしれない、もう二度と買えないかもしれないから」と今市場に出回っているCDやDVDを買い占めています。あちらはトリプルミリオンとか果てしなく規模の大きいお話ですが、ジャニーズJr.のファンだって毎回毎回その心意気で応援している。この現場が最後かもしれない、次は当たり前じゃない!!だから空席を作りたくないんです。このチケットが無駄になるかもしれない、それも残念だし(チケットに形を変えた)自分の稼いだお金が誰の思い出にも変換されずに紙くずになっていくのは悔しい。でもそれよりなにより、今後の自担の可能性を潰すようなことは耐えられない。空席をつくるっていうのはそういうことなんじゃないか、と。だからふぉ~ゆ~ファンは定価割れでもタダでもいいから入ってほしいと言ってるんです。
いつもふぉ~ゆ~の舞台にはふぉ~ゆ~以外のジャニーズのファンがたくさん入ってくれてるの、知ってます。PLAYZONEやSHOCKで一緒になったのがきっかけで「ふぉ~ゆ~が舞台やるなら観に行くよ!」って言って来てくれる人がいる。その皆さんが、それぞれ「来月ABC座があって…」「いま帝劇でDREAM BOYSやってて…」「日生で少年たちが…」とふぉ~ゆ~の現場に行ってる場合じゃないのです。気持ちわかるよ、正直自担以外にお金使いたくないもん!特に自担の現場直前とか絶対節約したい。わたしもそうだもん。少年たちもドリボも興味はあるけど入らないもん。だから勝手を言ってるのはわかってるんだけど、でももし時間とお金に余裕があれば、もちろんそのお金と時間自担に使いたいのわかってるんだけど、もし気が向いたら、もしお友達がチケットのお譲り先に困っていたら、入ってみていただけないかなぁ…(ついでに松崎くんのかっこよさに心奪われてくれないかなぁ…)。観れば絶対後悔しないってわかっているから。うっかりふぉ~ゆ~ファンに引きずり込んで裾野を広げようって魂胆、あるよ。観劇後、8,500円安いじゃん!って思ってもらえる自信、あるよ。そもそもわたしはチケットの対価を払っていれば「わたしは出演者のファンじゃないのに申し訳ない…」と思う必要はない!って主義。舞台をよく観に行く人でそういうこと言う人はあまり見たことないけどチケット取りづらくなってくると一部の過激派が「こんなに○○くんのことを好きなわたしがチケット取れないのに他に××くんも△△くんも応援してるあの人がチケット取れるなんて納得いかない!!許せない!」みたいなことを言い出します。でも観たいと思った公演を正当なプロセスを踏んで対価を払ってチケット取って何が悪いんだ!ガンガン入ってくれ!ふぉ~ゆ~いいぞ!みんな好きになるぞ!嫌いになる要素ないもんね!知らないだけだ!って考えてる。もちろん、ジャニーズ知らないひとも大丈夫。この舞台ジャニーズっぽくないから。
今回の舞台は、脚本・演出の大森ヒロシ氏がふぉ~ゆ~とカンパニーに会って書いた完全な宛て書きです。ふぉ~ゆ~を知っている人が見ればキャラがそのものずばりだったりして面白いけど、知らなきゃ楽しめないってことは全然ない。わたしだって田中れいなちゃんがどんなキャラなのか知らないけど、それでも彩って役は田中れいなちゃんに合ってるって思うしそういうこと。知らなくても絶対楽しめるから!!気軽に入ってほしい。できれば定価を払って入ってもらいたい。それはオタクが損したくないってだけじゃなくその作品に対する正当な対価ってものがあると思うから。ときどき「この作品でこの値段…定価の価格設定高いんじゃないの?」って思うことありますけど、少なくともこの「縁~むかしなじみ~」って作品については8,500円の定価設定、絶対間違ってないから!!入ってくれ!頼むから、ふぉ~ゆ~を知ってくれ!少しずつ大きくなってきた彼らだけど、これからもっともっとみんなで愛して大きくしていこうぜ!!

何が言いたかったかっていうと、ふぉ~ゆ~最高、「縁~むかしなじみ~」最高、一人でも多くの人に観てほしい、観においで!!ってことです。ジャニーズっぽくないジャニーズの4人が役者さんたちと一緒にしっかりお芝居して、カンパニーみんながすごくかっこいい踊りで魅せてくれる。ふぉ~ゆ~今まで主演舞台3作品やってるけど、1番いいと思う。順々によくなってきているからいつも「今回が最高」って言ってて信憑性薄いかもしれないけど、この作品が1番今のふぉ~ゆ~に合ってると思う。ふらっと観に来てもらって、こんなジャニーズいるんだ!って思ってほしい。ふぉ~ゆ~を知らない人にこそ観てほしい。東京シアタークリエで25日までやってるよ!みんなクリエに来てクリエ!!(写真はTravisJapanの梶山朝日くん。)f:id:ei1020:20160914181253j:image