読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふぉ〜ゆ〜の宝を愛でるブログ

胸の中のアクセルを踏み込んで

EndlessSHOCK2016初見☆2幕

EndlessSHOCK 舞台
2幕の感想雑記。

わたしはここのダンスをゾンビダンスって呼んでるんだけど、ゾンビダンスがピカイチなのは松崎くんだと思う。力の抜け方とかとにかくSHOCKで1,2を争うくらいに好きなダンスをしているのがこの曲…なんだけど暗すぎて初見だとどこにいるのか見つけるのに時間がかかる(笑)し、暗すぎてだいたいステフォにはならない(笑)
この日も圧倒的に好みなゾンビダンスを踊ってるマツザキを見つけるのに時間を費やしました。あぁもったいない…。

ヤラを押さえつける福松と「フクダ?マツザキ!?」と言うヤラ。これ、解釈の難易度高いんですよね…。「夢を見た。コウイチがやりたかったシェイクスピアの舞台に立っていて…」っていうヤラの発言からして、今フクダとマツザキがオーナーの劇場でやってるシェイクスピアの舞台の一場面なのかなぁとも思えるし、完全にヤラの夢の中なのかもしれないし…。
「コウイチがやりたかった(ことをフクダとマツザキが引き継いだ)シェイクスピアの舞台」なのかもしれなければ純粋に「コウイチがやりたかった(けどできなかった)シェイクスピアの舞台」なのかもしれない。あ、わたしパンフレットとか見てないのでどっかで答え発表されてるのかもしれないけど。

・コウイチの復活
リカがコウイチに抱きつくの、めっちゃタックルだった(笑)パワー系ですね、今回のリカは。去年の菊地さんも割りと豊満だった気がするのですが、その前の藤澤エマちゃんは見てなくてさらにその前の入来さん(10回くらい見た)。彼女がめっちゃ小柄で繊細な感じだったから余計にそう感じるのかもしれないけど。でも小柄すぎるとリカが完全に妹になってしまうんですよね、毎年コウイチも歳を重ねるわけで、ある程度リカのキャラも変わっていかないと話に歪みができてしまう。そういう意味で、今回のリカはすごくよかったと思います。
真顔の遺影みたいなコウイチの裏からペカーーって笑ったコウイチが出てくるの、とても愉快でした(笑)普段光一くんあんなににっかーーって笑わないのにwww
そして、福松出てくる。コウイチに笑えよ!って言われるまで、フクダは多少ふざけるけどマツザキは真剣な表情を崩さない。少し笑ってもコウイチへの罪悪感を抱えて微妙な表情のまま。「コウイチ!?」「コウイチのわけねぇだろ、俺たち先週も病院行ってコウイチのあんな姿見たばっかりじゃないか。あれは…コウイチに似てるけど違う。コウイチよりちょっと背が低いだろ?……コウイチ!?」長い!!フクダがコウイチに気づくまでが長い!!でもここ、実はすごい大事なこと言ってる気がする。ただのアドリブじゃないと信じたいのは福田好きの贔屓目でしょうけど(笑)「コウイチのあんな姿」って…そりゃ1年も入院してれば頻繁にお見舞いにも行くでしょうし、コウイチの弱ってる…それこそ瀕死で管に繋がれてる姿も見てるはずで。それを明かしてくれることで、わかりにくいSHOCKの物語を紐解くヒントになるんじゃないかと思ってます。
「あんな姿」だったコウイチがいきなり元気になって戻ってくるわけがない。それはコウイチが戻ってきた!!って喜んでるカンパニーの根底にも少なからず存在する共通認識で。そこから目を背けてコウイチと過ごせるひと時を全力で楽しもうと…そう思ってるんじゃないかなぁ。それを言葉に出したのがリカなだけで、みんな薄々感づいていたんじゃないかなぁ、と。
そして「ごめんコウイチ!俺あのとき渡した刀が本物だなんて気づかなくて…!」のお芝居。マツザキ的最大限シリアスな場面のはず。マツザキには1mmのおふざけ要素もない。だけどやっぱりタツミのときの方が引き込まれたな…って感じてしまうところがあって。松崎くんとシリアスなお芝居っていうのがどうしても難しいんだけど、そこをどう克服してくれるのか楽しみでもあります。
「あれはアクシデントだ、笑っとけ!それよりお前!!なにその頭!やべぇな!!」Dead or Aliveからのボサボサ頭を指摘される(笑)とにかくわざとじゃないのかってくらい爆発していて「お前それ、ゴエモンみたいだな!!」というコウイチさん。ゴエモンと聞いてルパンの石川五エ門しか思い浮かばないわたしは???って感じでしたが、なんかそういうゲームキャラがいるらしいです。「がんばれゴエモン」っていうやつ。

・NYD
久しぶりに1曲やらない?からマツザキがステッキとハットを投げる。ここは受け取ってもらえなかったりするのがおもしろいのに、この日のマツザキはステッキ取りに行く段階で滑る(笑)始めから不調でww
それでもハットはすんなり受け取ってもらえて、「よしっ!」とガッツポーズ。からのステッキは下手から投げてスルーされて上手に。上手に拾いに行ってもう一度投げるも、コウイチに猫パンチされ、客席へ。それまで客席に落ちたことはなかったので驚くも、ステージに寝そべって客席に手を伸ばして「ちょうだい?」って言うマツザキ!!なにあれ!!なにあの才能!かわいい〜〜!!
で、客席から受け取って怒った顔でコウイチをみるも、「オケさん待ってるから!」ってなぜか怒られる(笑)なんかマツザキ怒られてるけどここは多分コウイチがいけないんだよ?ともやっとしてもショーは続けなければならない(笑)「俺〜のステーージへ〜〜」
ステッキを持って踊るの、ここほんとカッコよくて!!マツザキが後ろでヤラと一緒に踊ってた頃はここは全力で双眼鏡を覗いてステージの奥をガン見していたのですが、マツザキの立ち位置に従ってわたしの見る場所も変わり。オーナーとコウイチがメインでありつつもここは他のダンサーさんがいない分、福松の見せ場でもあるのかなぁと思っていて。あのツートンカラーのTシャツ、あれはどうなんでしょう…。ステージ衣装って設定じゃないしカジュアルでいいんだけど、ちょっとカジュアルで地味じゃないですか…?似合ってるけど♡

・Higher
この曲は、ダンスもすごく好きだけどヤラを誘う松崎の表情が好きな曲。越松がヤラ側についていたときは「行こうぜ?」っていうのを越松がやってたけど、今はヤラ側についてるのが若い子たちだから「ヤラくん!コウイチくんが帰ってきたよ!!」っていう喜びと一緒に踊りたい!って気持ちが前面に出ている感じで。「ヤラ!こっちこいよ!」「拗ねてないで一緒に踊ろうぜ!」っていう役割は福松が担っている気がします。
コウイチの横で踊りながらヤラを見て「来いよ!来いよ!」っていうお芝居をしているのがすごく好きです。コウイチが帰ってきた喜びとヤラも意地張ってないで混じれよ!っていう気持ちを表現するのがすごく上手くなった…何様だよって言い方しちゃったけど。踊りながらヤラに向かって煽るみたいに手招きして、そんなことしちゃって大丈夫…?と思いつつマツザキならそれも許されるような空気があって。ちゃんとカンパニーにマツザキのキャラが確立しているからこその空気感がとても嬉しかった。

・会見
「コウイチさん!!」って記者の方たちが駆け寄るなか、センターの上手からフクダ、コウイチ、マツザキの3人が立っていて。マツザキはお得意の二重でイケメンなお顔を作って。それを「バカだなぁ〜」って見ながら指差すコウイチとフクダ。まるでメインはマツザキかのように錯覚…はしないけど。
カイトの「コウちゃんおかえり!」にデレデレするコウイチ。「はぁぁーーー!!お前にコウちゃんって呼ばれるのきもちいいーー♡もっと呼んで!」「コウちゃん…?」「もっと!!」「コウちゃん!」「もっとちょうだい!!」「コウちゃん♡(←モロ)」「なんじゃお前はーー!!お前が呼ぶんじゃねぇ!!」モロ不憫(笑)その不憫さがオイシイんですよね、わかります。

・ヤラの告白
去年、ウチのときは「嘘だろ…?どうしてだよ!」っていうショックと信じない!というお芝居をしていたマツザキですが、今回はアッサリしたお芝居になってました。「ヤラ…どうして!?」と言いつつもうっすら悟っていたかのような…。去年はジャパネスクの階段上でも「嘘だ…嘘だよね?え、本物なの…?」ってしつこいくらい「信じられない、信じない!」ってお芝居してたんですけど今回はちょっと小慣れてきたというか。お芝居がくどくなくなった。インパクトは薄れたけどその分すごく自然なお芝居になっていてそれもまた好きです。

・曲名不明(コウイチが傘で飛ぶやつ)
いろいろ忘れちゃってるんですけど、傘フライングのとき、マツザキを確認してシンメにいるはずのフクダを探してもいないことが多くて。そんなときはフクダはコウイチのフライング補助のお仕事をしていました。マツザキは最初のフライングのキャッチが仕事だけど、フクダはその後もちょくちょくお仕事してました。すごいなぁ、あっち側の信頼感。でもマツザキは誰と組んでもこっち側な気がする(笑)

・夢幻
まず、たすき掛け大成功を祝いたい。すばらしく綺麗にたすき掛けできてました。
太鼓を叩くマツザキの全然苦しそうじゃない顔がすごい。前でモロが顔で太鼓叩いてるからその対比がすごくて(笑)マツザキは最後のショーが始まってからずっと、一瞬たりともコウイチの動きを見逃さないぞ!と言わんばかりにコウイチから視線を外さないんです。その表情から本当に最後なんだなぁ…って伝わってくる。フライングのコウイチを見つめる視線も、本当に真っ直ぐで。手元なんて見てコウイチを見逃したら悔しい!みたいな意地すら感じるマツザキでした。

・夜の海
この曲で一言のセリフをもらえたのが本当に嬉しくて。一昨年、辰福には台詞があって越松に台詞がなかったのを見てすごく悔しい思いをしたんです。コウイチ側の2人に対して羨ましいな…って改めて感じたのがこのシーンだったんです。
「コウイチがいなくなるなんて信じられない、でも俺たちの夢は変わらないから!」コウイチの遺志を継いでオンの向こう側を目指すのがマツザキの夢なのかなぁ…。タツミが「俺の居場所が云々…」って言ってたの、あれいつでしたっけ?台詞も変わっていくんだなぁ…と思って興味深く観ています。

・コウイチの死
コウイチが倒れているのを見つけて、はっとするもショーを止めない、このカンパニーの集大成。パーカッションも手を止めず、ヤラ福松松でコウイチを運びます。マツザキは9年かけて去年ようやくコウイチを運べるようになったのに、あっさり1年目からコウイチを運ぶカイト(笑)なんだちみは…!

・CONTINUE
この曲で終わる感じ、みんながそれぞれ思い出の歌を歌っている感じ…すごく好きです。ヤラだけがコウイチの存在に気づき、ヤラが気づいたことにコウイチも気づき、2人で頷き合うのを見てしまってもう涙腺崩壊でした。正直もうSHOCKでこんな泣くと思わなかった。なんでだろう…胸に迫るものがありました。ステージに立ってるこの人を応援していきたい、という気持ちを改めて大切にしていこうと思いました。
今回のSHOCKにおいて、マツザキというキャラクターはごく自然に存在していた。それが松崎祐介の2015年の経験を基にしてできたことだと思えることが幸せでした。松崎祐介がマツザキになるために身に纏う役という半透明の1枚の皮、その透明度がまた上がった気がした。こうして少しずつ少しずつキャリアを積み重ねるこの人を、これからも大事に大事に見守っていきたい。